top of page
  • 執筆者の写真靴工房 Risette

ハンドソーンワークショップ~アッパー組み立て~

ハンドソーンワークショップ、今回はパーツの縫製に入ります。


前回仮靴で作業の流れはつかんでいるので、

今回はおさらいと新しい技法にも挑戦します。


まずはキャップトウの部分のパーツを縫製。

高級な革は作業がしやすく、ミシンの通りも良好です。

目に見えないところですが、グレードの良い革はこういったところも違います。











今回はミリタリーテイストを意識して、トリプルステッチにしてみました。


こちらはタンのパーツです。やや丸みを付けて、木型に沿いやすいように組み立てています。











ライニングは吸湿性の良いヌバックを使います。

練習用で使った革と違い、かなり張りのある革ですね。











次回はアイレット加工とトップラインを仕上げていきます。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page