• 靴工房 Risette

工房の設備紹介~穴あけ工具編~

工房の設備紹介、今回は穴あけ工具について紹介します。


靴に限らず、革製品を作るときに穴を空ける作業はかなり多くあります。





手縫いのするときには、針穴を空けるために菱目打ちと呼ばれるフォークのような工具を使いますし、





バネホックやハトメと言った金具を取り付けるときには穴あけポンチを使います。



靴についていえば特徴的な作業はメダリオンの穴あけでしょうか。




メダリオンとは、靴のつま先などについている穴飾りのことをいいます。元々はつま先の通気性を良くするためにつけられていた意匠です。様々なデザインがあり、代表的なものは、フルブローグのウイングチップや、ストレートチップの切り替えし部分に穴飾りを施したクオーターブローグがあります。




この飾り、穴あけポンチを使って開けていきます。

ポンチを革に当て、ハンマーでガンガン叩いて穴を開けていきます。革は厚いので、場合によっては一回で空かないことも・・・一個一個開けていくので根気が入ります。




また、穴の形は丸だけでなく、ハートマークや、星形などもあります。これら組み合わせるとデザインの幅が一気に広がります。


自分でデザインしたマークを入れればまさに自分だけのオリジナルシューズに。

個人的には靴作りの一番楽しい工程のひとつです^^;


15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示