• 靴工房 Risette

当工房でできること~内羽根編~

当工房のワークショップでは革靴づくりの体験が出来ます。


一口に革靴といっても、様々な種類があり、その製法は千差万別です。


本記事では、当工房で制作できる靴の作例やその特徴を紹介していきたいと思います。


今回は代表的なパターンである内羽根の靴です。



靴の甲より後ろの部分(紐で結ぶ部分)のパーツを羽根、と言います。ちなみに甲より前の部分はヴァンプ、と言います。内羽根とは、この羽根のパーツがヴァンプの下に配置されている靴のことを言います。


靴全体がすっきりとした印象になるため、フォーマルなシーンや、ドレッシーなコーディネイトに合った靴です。また、革靴作りに必要な様々な技術が盛り込まれている靴であり、この靴から革靴作りを始める方も多いです。


もう一つの代表格である外羽根式については次回に。

10回の閲覧

Copyright @2018 靴工房Risette All Rights Reserved.

​大阪 空堀の靴工房・靴教室 Risette

〒542-0066 

大阪府大阪市中央区瓦屋町1丁目2-11 

からほりかわらやえん205

アクセス:

地下鉄谷町線「谷町6丁目」から徒歩8分

地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町」から徒歩5分

地下鉄御堂筋線「心斎橋」から徒歩18分

電話番号:080-6188-4381

​Mail:info@risette-shoe.com
 

  • Instagram Social Icon