• 靴工房 Risette

靴教室 ~吊りこみ準備~



スニーカーワークショップ、今回はつり込みの準備です。


かかとの部分の強度UPと保形のため、月型芯やカウンターと呼ばれる薄く漉いた革の芯を作っていきます。ある程度は機械で漉いてから手漉きで更に薄く、なだらかにしていきます。特に端は段差が出来ないようほぼ0㎜になるように包丁をいれます。




包丁で薄く漉く感覚は練習しないと中々掴めませんので、初めての方は結構苦労されます。。



次に中底を制作。通常の手製靴では、ショルダーと呼ばれる厚い革を使いますが、今回は スニーカーなので、軽さと返りの良さを重視して薄い床革を使います。薄いといっても厚みは3㎜程ありますので、今までよりも裁断には力がいります。


無事裁断できました。


最後に木型の底に薄い革を貼ります。これはスニーカー用のインソールを入れることを想定して、

インソール分の厚みを出すためです。




今回はここまで。次回はいよいよ底付けのメイン作業であるつりこみに挑戦です!


#革小物体験教室 #靴工房Risette #靴工房 #オリジナルスニーカー

#大阪市 #大阪府 #靴教室 #ワークショップ #靴工具

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示