• 靴工房 Risette

靴教室~型紙づくりに挑戦!Part3~

靴教室のスニーカーワークショップ、今回は型紙づくりの第3回目です。


前回制作したデザインのベース型紙から、各パーツの型紙を作っていきます。


パーツの型紙には大きく分けて3つの種類があります。

①ベース型紙のデザインから書き起こした「決め型」

②決め型に縫製用の縫い代を追加し、革を裁断するために使う「裁断型」 

③靴の内側のパーツである「ライニング型」


上のパーツが決め型、下のパーツが裁断型です。今回はスニーカーのトップライン(履き口)の部分を内縫いで仕上げるための縫い代を付けています。



こちらはライニング型。決め型をベースに内径と外径の差分だけ、型紙を小さくしています。

アッパー用の型紙と間違えないように、紙の色を変えています。


決め型に縫い代を付けたり、ライニングの差分を詰める作業にはコンパスやディバイダーと呼ばれる道具を使いますが、慣れていないと中々使いこなすの難しいもの。持ち方も試行錯誤されて、自分にベストの持ち方を見つけられたようです^^







今回で型紙は最終回。次回はいよいよ革の裁断に取り掛かります。


♯革小物体験教室 ♯靴工房Risette ♯靴工房 ♯オリジナルスニーカー

♯大阪市 ♯大阪府






0回の閲覧

Copyright @2018 靴工房Risette All Rights Reserved.

​大阪 空堀の靴工房・靴教室 Risette

〒542-0066 

大阪府大阪市中央区瓦屋町1丁目2-11 

からほりかわらやえん205

アクセス:

地下鉄谷町線「谷町6丁目」から徒歩8分

地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町」から徒歩5分

地下鉄御堂筋線「心斎橋」から徒歩18分

電話番号:080-6188-4381

​Mail:info@risette-shoe.com
 

  • Instagram Social Icon