• 靴工房 Risette

工房の設備について~フィニッシャー編~

最終更新: 2019年2月20日

今回は工房のメイン設備の一つであるフィニッシャーについて紹介します。


靴づくりで欠かせない作業、それは、靴底の加工です。大量生産されている靴の場合は、靴底のユニットをロット単位で制作しますが、一品一様の手製靴では、毎回靴底を手作業で加工していきます。


ざっくり粗立ちした革・ゴム材をアッパーに合わせて削りこんでゆく・・・文字にすると簡単そうですが、

これを手やすりで削るととんでもない時間がかかります。ですので、通常はグラインダーを使って削るのですが、このグラインダー、大きな問題があります。グラインダーで削ると一気に加工スピードが上がりますが、そのスピードに比例して大量の削りカスが出ます。室内でグラインダーで削ると部屋中削りカスだらけで大変なことに・・・


そのため、靴づくりでは、グラインダーに強力な集塵機能が付いているフィニッシャーと呼ばれる機械が重宝されています。(靴の修理屋さんに行くと必ずといっていいほど置いてあります。)


当工房では、一番コンパクトなタイプである、根本製作所製のフィニッシャーを設置しました。削る部分が2か所だけのシンプルなタイプですが、手製靴ではこれだけでほぼ事足ります。



削りカスもガンガン吸ってくれるため、大変重宝しております。

107回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示