• 靴工房 Risette

工房の設備について~ワニ編~

最終更新: 2020年7月15日

工房の設備紹介、今回は靴作りにおいて代表的な工具であるワニを紹介します。

おそらく殆どの方は、見たことがない道具なのではないでしょう

先端がワニの口のような形状をしていることが名前の由来です。海外ではピンサーと呼んでいます。


さてこの工具、何に使うかといいますと、靴作りの最も重要なプロセスである、吊り込み作業で使います。


アッパーと呼ばれる靴本体の部分を木型に沿わせる際、革をひっぱる(吊り込む)ためにこのワニを使います。てこの原理で革を引っ張るためにこの独特の形状になっています。


革包丁もそうですが、初めて使う道具は使いこなすのが難しいもの。大半の方は始めは引っ張る力が足りず、アッパーが木型に沿ってくれません。ある程度使い方が分かってくると、今度は引っ張りすぎで革がパンパンに張ってしまいます。。ほどほどの力加減が必要ですが、その感覚が分かれば吊り込み作業は大変楽しい作業です(笑)


#靴工房Risette

#靴教室

#大阪靴づくり


238回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示