• 靴工房 Risette

工房の設備紹介~靴用ミシン糸/手縫い糸~

工房では様々な糸で縫いを行いますが、作るもの・縫う場所・工程によって、様々な種類の糸を使い分けています。


今回は、うちの工房で使っている糸について紹介します。


まずはミシン用の糸から。














こちらは一般的な靴用のミシンで使われている糸。

縮みにくく、仕上がりが綺麗なのが特徴です。

番手(糸の太さ)は30番。


実際の仕上がりはこんな感じ。














一方、こちらの糸は上記の糸に比べるとかなり太い8番と呼ばれる糸です。












中でもビニモ/MBTと呼ばれる、強度の強いタイプの糸を使っています。


ただ、こちらの糸は靴用のポストミシンでは使うことが出来ないので、主に手回し用の平ミシンで使っています。














主にスマホケースや財布などの革小物を作る時に使用。














ステッチの太さが変わると、雰囲気が大きく変わります。

細いステッチはドレッシーに。太いステッチはカジュアルな仕上がりになります。



こちらは革小物やシンプルなステッチダウンシューズで使う手縫い糸。

ミシン糸に比べると、大幅に太い糸(00番)を使っています。












ステッチ幅も粗いピッチにしてラフな仕上がりにしています。













また、この糸の大きな特徴として、ロウ引き(ワックスで糸をコーティング)がされています。


ロウ引きをすることで、強度が上がり、糸のゆるみを防ぐこともできます。


じゃあミシン用の糸もロウ引きすればいいじゃん!と思うかもしれませんが、ロウ引き糸をミシンで使うと、ミシン内部にロウが溜まってしまいミシンが壊れてしまうので、蝋引き糸はあくまでも手縫いで使うのが大前提になります。



上記のことを踏まえて、うちの工房では


靴用:30番~40番 ポリエステルミシン糸/ポストミシン ドレッシーな仕上がり

革小物(マチなし)用:8番 ビニモMBT/平ミシン ややカジュアルな仕上がり

革小物・鞄用:00番 ロウ引き/手縫い カジュアルかつ、手縫い独特の風合いのある仕上がり


と、使い分けています。



最後にこちらは手縫いは手縫いでも、靴のすくい縫い用の糸。








































ある意味、一番原始的な糸かもしれません。細い糸を手で撚ってからロウの代わりにチャン(松脂と油を配合したもの)をこすりつけて糸を作っていきます。












これが結構な時間と手間で・・・

他の糸のように、予めすぐに使える状態の糸があればいいのになぁ・・・と思うのですが、

チャンを付けた糸は長期間保存が出来ないので、ハンドソーンをするときには毎回この作業が必要になってきます。


誰かすぐ使えるハンドソーンの手縫い糸開発してくれないかな。結構売れると思います(笑)。


#靴工房Risette

#靴作り

#靴工具

#谷町六丁目

#ワークショップ

18回の閲覧

Copyright @2018 靴工房Risette All Rights Reserved.

​大阪 空堀の靴工房・靴教室 Risette

〒542-0066 

大阪府大阪市中央区瓦屋町1丁目2-11 

からほりかわらやえん205

アクセス:

地下鉄谷町線「谷町6丁目」から徒歩8分

地下鉄長堀鶴見緑地線「松屋町」から徒歩5分

地下鉄御堂筋線「心斎橋」から徒歩18分

電話番号:080-6188-4381

​Mail:info@risette-shoe.com
 

  • Instagram Social Icon